フェイスリフト以外のしわ治療法
基本的にフェイスリフトは「深いしわ」に対して治療を行うことができます。がしわが浅かったり、軽度なものであれば切開の必要のないフェイスリフト(フェザーリフト)でなくとも他の治療法を選択することもできます。

◆ヒアルロン酸注射
たとえばヒアルロン酸注射があります。ヒアルロン酸は保水力に優れた成分で、化粧品などで名前をよく聞くと思います。このヒアルロン酸を直接体内に注射・注入することで肌の保水力を回復させ、肌に張りを戻します。

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分のため、安全性に優れ、細い針で注射する程度ですので治療時間・ダウンタイムも短いプチ整形です。ただし効果は半年〜1年といわれています。

◆ボトックス注射
最後にボトックス注射という方法もあります。ボトックスには顔の筋肉を弛緩させる効果があり、目尻の小じわのような表情しわに対して効果を発揮します。ただし深いしわに対しては効果が期待できず、一時的なものですが治療後にうまく顔の表情が出せないことが起こる可能性もあります。

◆フォトフェイシャル
またフォトフェイシャルという治療法もあります。特殊な光を使ったフォトフェイシャルではコラーゲンの生成を活発にさせることで肌の若返り効果をもたらします。光の治療なので痛みもほとんどなく数十分の治療時間ですみます。ただ効果を出すためには数回の治療を受ける必要があります。



1.トップへ戻る
©フェイスリフト-パーフェクトレポート