フェイスリフトの手術過程
[フェイスリフト手術プロセス]

手術前に局所麻酔・吸入麻酔を行います。状況により全身麻酔を行います。
頭部・耳の前あたりから耳の後ろ、後頭部の生え際にそって切開し、切開後に皮膚を剥離しシワ・たるみが改善されるようにリフトアップしていきます。リフトアップして余った皮膚は切り取っていまいます。

SMAS式フェイスリフトの場合は、皮膚の下部組織(SMAS)も引っ張り上げ、あわせて縫合します。

フェイスリフトの手術時間はおよそ1〜3時間ほどですが、これも状態や脂肪吸引などあわせて行う他の美容整形手術によって異なります。

抜糸は個人差がありますが術後1週間ほどで行います。

これに対し、アプトス・ワプトスといったフェザーリフト(切らないフェイスリフト)のようなフェイスリフトアップ効果のある美容整形療法では細い針を利用して糸を注入するだけです。切開が必要な場合も、髪の生え際の目立たない部分を数ミリ程度小さく切開するだけです。ダウンタイム(治療後の回復期間)もほとんどなく、傷跡もほとんど残りません。


1.トップへ戻る
©フェイスリフト-パーフェクトレポート